【三円小説 夏のおうち時間 応援企画。】

原田剛さん 話題の最新刊!

 

その名も 『三円小説』

 

平惣でもたくさんのお買い求めいただき、

誠にありがとうございます。

著者の原田さんより、

素敵なプレゼントをご用意いただきました。

 

本日、61日より

 

なんと!

 

平惣限定 夏のおうち時間応援企画として

 

三円小説をお買い上げのお客様に

 

写真の布マスクをプレゼント致します。

 

数に限りがございます。

ぜひ、お早めにGETしてくださいねー。

 

お子様から、たくさんの反響もございます。

 

夏の課題図書に!

 

発送力トレーニングに!

 

平惣 各店でお手にとってご覧くださいませ。

 

【三円小説、三箇条】

 

1. 三円小説とは、

 

活字嫌いの人が「嫌い! 」と感じる前に読み終える一瞬の物語・・・すなわち110秒前後で読める超・短編小説のことを言い、決して 三文小説 とは意味を異にする。

 

2.三円小説とは、

 

恋愛、推理、SF、ミステリー、歴史物、ホラー、ファンタジー、社会風刺、ブラック、エロティシズム、BL、百合、パロディ等々、ジャンルを問わず様々な料理を飾らず提供・・・すなわち 文学食わず嫌い のための大衆食堂であり、決して高級料亭ではない。

 

3.三円小説とは、

 

13円の値段設定・・・すなわち300話収録なので定価900(税別)という文学界初?の明朗会計に挑戦するプロジェクト名でもある。この 三円 に込めた著者の想いをもっと知りたい方は、本書の あとがき を読んでほしい。

 

【こんな人に読んでほしい】

 

以下どれか一つでも当てはまる方、

お待ちしておりました・・・。

 

日本語の楽しさを気軽に堪能したい人

 

流行の インスタ小説 なるものが気になる人

 

オチのない、いわゆる 純文学 が苦手な人

 

この1年間、読書という読書をしてない人

 

国語が嫌いな小中学生

 

1秒も時間を無駄にしたくない主婦・ビジネスマン

 

小さい字を読むのがつらい老眼の人

 

生きた日本語を覚えたい外国人

 

コントやドラマの設定を考えている芸人や脚本家

 

日本人の 読解力 が世界15位まで下降し、国語教育を何とかしなくてはと憂う文科省及び教育者関係者

 

世界初!?

 

著者のInstagramに質問すれば、作品解説もしてくれますよー。

 

「これってどういう意味?」という作品は、親子で話し合ってみるもよし!

 

著者に質問してみるもよしの参加型小説です。

 

1ページ1話完結。

 

活字が苦手な人も楽しめる

 

超短編エンタメ小説!

2020.06. 1